社員インタビュー

山宮 まい子

所属:パブリックソリューション
最終学歴:大卒
入社年次:2010年
出身地:新潟県燕市

Q:現在の仕事を教えてください。

私が携わっているのは、自治体向け
基幹システムの開発です。
市町村の税管理システムや住民票の発行、
住民管理のシステムの開発が主な仕事です。

Q:仕事のやりがいはどこにありますか?

お客さまから「こうしてほしい、こうしたい」
というオーダーが書かれたドキュメントを
いただくのですが、その要望を最善の
システムとして実現できたとき、
具体的にはお客さまのパソコン上で動く
ようになったときです。
何度経験しても、達成感を感じますね。
実際に使った人からお電話をいただいて、
使用した感想や感謝の気持ちを伝えられると、
すごくうれしいですね。

Q:逆に難しさを感じるのはどんなときですか?

現在は後輩の指導にあたることが
多くなりました。スケジュールや開発の
難易度などを考えた上で、メンバーの
負担がかかりすぎないように調整することや、
メンバーに処理の流れを説明するのが
難しいなと感じることがあります。それでも、
後輩の不安や問題にはとことん付き合って、
一緒に解決するようにしています。

Q:NTSは、どんな企業文化ですか?

入社前に会社訪問したとき、お客さまや
社員同士で笑顔を交えながら打ち合わせを
している姿を見たんです。IT系というと
パソコンに向かってひたすら黙々と作業する
というイメージがありましたが、ここは
そうじゃないんだ、と。人と人が向き合って
仕事をすることを大切にしているんだなと
思いましたし、現在もそう思います。
また、入社してからずっと「この作業を何の
ためにするのか?」を考えながらプログラム
するように先輩たちから指導を受けてきました。
仕事に対して、受動的になりすぎず、自分の
頭できちんと考えて、真摯に取り組もうという
文化がある気がします。それから、みなさん、
お酒が大好きです(笑)

Q:これからどう成長していきたいですか?

今までやったことのない業務に挑戦したい
ですね。プログラミングはずっとやり
続けたいですが、お客さまの要望にこたえる
設計書を書くSE業務ができるように
成長したいと思っています。

BACK